我が家のお犬様はとにかく吠えることが問題でした。

悩みだったと過去形にしていて、以前より大分マシになったとはいえ、
完全にはなくなっていないので、まぁこれは我が家のお犬様の個性と考えています。

 

この犬の無駄吠えには理由や要因があるそうなのです。
なんでもこの無駄吠えの多くの場合は警戒や警告などの威嚇行為なんだとか。
犬は、家族や仲間、縄ばりを守ろうとする意識がとても強いです。
なのでそれらに近づく見知らぬ人や犬、ものなどに対しては、
吠えて警戒するそうなのです。
そしてこの無駄吠えを増徴させる原因として困ったことに、
人や犬は、吠えられるとうるさくて、その場を立ち去ってしまいます。
その為に犬は吠えることで、上手に追い払うことができたという実績ができたと勘違いして頭の中には、「見知らぬもの→吠える→いなくなる」という図式ができ上がり、「吠える」という行動が強化されていくのだとか。
またこの無駄吠えは面白いことに犬の性格や個性が要因と思っていましたが、
血統や品種などよっても無駄吠えしやすい品種とそうでない品種が存在するそうなのです。
ミニチュア・ダックスフントやマルチーズ、シーズーなどは無駄吠えが多い品種だそうで逆にブルドッグやコーギーなどはそこまで無駄吠えはしないそうす。

 

ではお犬様の無駄吠えをどのように我が家では解決したかを書いていこうと思います。

 

まず徹底したのはその場できちんと叱ることです。
それと同時並行でフセやオスワリなどの基礎トレーニングを徹底的にし直しました。
犬は2つの動作を同時にとることができないそうです。
なので、犬が吠えたら、オスワリなどの指示で他の動作をさせ、吠えることができない状況をつくればいいと何かで読んでいたので実践です。
とにかく最初は叱っても駄目だったので強制的に吠えられないようにし、
だんだんと鳴らしていく感じです。
これも無いかで読んだのですが、小石や小銭などを入れた空缶を、
犬が吠えているときに足元の地面に投げつけて、大きな音に驚かせて、吠えるのをやめさせる方法もあるとか。
この際に飼い主がやったと気づかれないように注意してくださいして、
これを吠えるたびに繰り返し行い、吠えると嫌なことが起こると思うようになれば、
無駄吠えは軽減されるのだとか。
結構荒療治ですね。
幸い我が家のお犬様はこのようなことをしなくても大丈夫でした。
なんにせよ犬にとっては吠えることに何かしらの意味合いがあるということを飼い主側がきちんと理解して、それを丁寧に克服していけば、
きっと犬も賢いので分かってくれます。
とまぁ参考になるか分かりませんが、我が家のお犬様の体験談でした。