我が家の愛犬は、ビーグルのメスです。

今年で7才になり、シニア犬の仲間入りをしました。
ビーグルは疲れ知らずだというほど、遊ぶのが大好きな犬種で一匹でも遊ぶことができる、比較的飼いやすいとおすすめしていただいたビーグルを飼っています。
飼った当初はびっくりするほど元気でしたが、年々落ち着いてきて留守番も上手にできるようになり、安心していましたが、この数年は無駄吠えが多く困っています。
今思えばある日を境に無駄吠えが増えていると感じます。それは、祖母が体調を崩し、介護が必要となってからです。
愛犬は普段、室内で飼っていますが、介護で祖母の着替えを手伝ったり、トイレについていったりする様子を愛犬は間近で怖いほどじっと見ていて、そして甘えるように吠えるようになりました。
初めて我が家にやってきた日やそれから数週間は無駄吠えが多かったのですが、それは子犬のころだからだと思っていましたが、祖母が寝た後や介護の手伝いが終わると吠えはじめます。タイミングを見計らっているかのように、甘えられそうな時に吠えているようです。
日中は私自身も仕事などで出かけることもあるため、吠える愛犬にいつもかまってあげられる訳ではないので、外出してしばらく聞こえる愛犬の声に、とても胸が痛みます。
また、知り合いに相談したところ、犬も赤ちゃん返りするとのことで、我が家の愛犬もそうではないかと言われました。
祖母ばかりにかまう私を見た愛犬は、嫉妬したり、自分もかまってほしいとアピールしているのではないかとのことでした。
人間ですと、きょうだいができた時にかまってもらえなくなって嫉妬すると聞いたことがありましたが、犬にも同じようなことがあるんだとその時はビックリしましたが、確かに思い返せば無駄吠えが増えた時期もその通りだと思いました。
室内犬のため、自由にいろいろな部屋に行けるため、介護している様子を間近で見ると『飼い主を取られた』と思い込んでしまうのかと思い、それからは祖母の介護をするときは、ゲージに入れたり、部屋の扉を閉めて見えないようにする工夫をしています。
まだ無駄吠えは続いていますが、前のように夜中に鳴いたりすることはなくなり、無駄吠えする頻度は少なくなっている気がします。
愛犬からしてみると、家庭の事情は深いところまでわからないので、私自身が少し工夫したり気を付けることで、愛犬も飼い主の自分もストレスが少ない環境になった気がするので、これからも長く愛犬と一緒にいられるようにできることは少しでもしてあげようと思います。